北澤潤作品《ロスト・ターミナル》に広告主として参加する個人・団体を募集

© Jun Kitazawa

2020年1月10日(金)から開催、北澤潤「You are Me」。

ならまちセンター芝生広場で展開する作品《ロスト・ターミナル》では、インドネシアの街なかを走る人力三輪車「ベチャ」という乗り物を、現地の職人たちと制作し、奈良の街に持ち込みます。

かつて日本にもあった路上の文化、インドネシアにおいても変わりゆく移動の光景、2つのかけ離れた土地の「失われた/失われつつある」日常や空間を超えて実社会に書き直していくプロジェクトです。

アーティストの北澤潤さんがインドネシアの職人との共同制作に行うにあたって、「広告主」として関わっていただく個人・団体の皆さまの参加を募集しています。現地の三輪人力車「ベチャ」の側面には様ざまな広告が手書きされており、《ロスト・ターミナル》でも、現地の職人たちが「広告主」の「広告」を描くことで作品の完成をめざします。

文字と絵柄のご希望をいただき、作家がデザイン画を作成し、インドネシアの職人が制作します。

詳しくは下記の募集サイトをご覧ください。

Peatix(外部サイト):https://bit.ly/2QUdIXv

※本件は「広告」の形式をとったアート作品の共同制作であり、広告効果の提供を主たる目的とするものではございませんので、ご了承ください。