[参加者募集]平田オリザの表現ワークショップ

劇作家・演出家の平田オリザさんによる、大好評ワークショップを今年も開催します。
演劇のメソッドを通して他者とのイメージの共有やコミュニケーションのヒントが学べます。
前回2019年度の参加者満足度は100%!(※参加者アンケート調べ)
演劇経験は問いません。どなたでも参加いただけるワークショップです。
※写真は昨年の様子です。

講師プロフィール
平田オリザ
劇作家・演出家・「青年団」主宰。江原河畔劇場 芸術総監督・こまばアゴラ劇場芸術総監督・城崎国際アートセンター芸術監督。1962年東京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。大阪大学COデザインセンター特任教授、東京藝術大学COI研究推進機構特任教授、その他多数の機関で役職を務める。主な著作に、『演劇入門』(講談社現代新書)、『芸術立国論』(集英社新書)、『わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か』(講談社現代新書)、『下り坂をそろそろと降る』(講談社現代新書)。http://www.seinendan.org/

<開催概要>
平田オリザの表現ワークショップ
-演劇メソッドでコミュニケーションのヒントをつかむー
日時:令和2年10月3日(土曜日)午前の部:10時~12時 午後の部:13時~15時(午前の部、午後の部は同内容です)
会場:ならまちセンター多目的ホール
主催:奈良市アートプロジェクト実行委員会、奈良市
定員:各回15人
参加費:無料

<申込方法>
平田オリザの表現ワークショップ 申込フォーム(奈良市ホームページ)
または、はがき・Eメール・FAXに「演劇ワークショップ参加希望」、参加時間帯(1)10時~12時または(2)13時~15時、住所、氏名、年齢、電話番号を書き、9月17日(木曜日)までに文化振興課(〒630-8580二条大路南1-1-1 FAX:0742-34-4728 Eメール:art@city.nara.lg.jp)まで
*参加の可否は、締切り後に申込みいただいた皆様へ連絡します。
*申込多数の場合は初参加の方を優先の上、抽選いたします。

<本プログラムにおける新型コロナウイルス感染症対策について>
一度に会場へ入室できるのは、会場定員の50%までとします。
会場入室時には非接触型体温計での体温測定と手指消毒にご協力ください。
ワークショップは感染防止を徹底した内容にいたします。ご参加の皆様にもご協力をお願いいたします。
市内・国内の感染拡大状況により、発声を伴わない座学やリモート開催等に内容の変更を行う場合があります。
市内・国内の感染拡大状況により開催を中止する場合があります。